CTを導入しました。

 インプラント治療のための術前診査や、深い親知らずや顎の病気などの精査のために、CT撮影が必要なる場合があります。以前の当院では、治療に際しCT撮影が必要なときは、提携している日本歯科大学新潟病院放射線科に依頼していました。患者さんの撮影に行く手間や、治療に入るまでの期間が長くなるという問題がありましたが、今後は必要なときにすぐ当院で撮影でき、すぐに治療にかかれます。
 また、提携病院で撮影していた医科用のCTと、当院で導入した歯科用CTでは特徴が若干かわります。医科用CTに比較して歯科用CTは、撮影範囲が狭く限局されますが、インプラント術前診査や、親知らずの抜歯、のう胞摘出といった口腔外科の小手術で必要な範囲は問題なくカバーできます。医科用CTより放射線被ばく量が少ない上に、細かいところがずっとよく見えるという利点もあります  歯科用CTは費用的に高価ということや設置スペースの問題で、導入している歯科医院は少なく、設備している医院は数院です。しかし、現代の歯科医療の進歩を考えると、近い将来、歯科用CTはどの医院にも必須なものになるのは間違いありません。当院では今後も、設備・技術ともに最先端の治療を提供できるように努力していきたいと思っております。