おすすめはLAVAジルコニアオールセラミッククラウン!

オールセラミッククラウンについて紹介します.
セラミックスは歯を作る材料として最も適していると思います.
長期間経過しても変色することもなく,艶落ちすることもありません.
そして何より,天然歯と見分けがつかないほどの色調再現が可能です.
しかし,欠点もあります.
製作段階で1000℃を超える温度で焼成し,それにより大きく収縮するため適合精度を良くすることが難しく,曲げ,引張り,衝撃に対して脆い性質を持つということです.
この欠点を解決するために,従来は,金属を用いてフレームを製作し,その上にセラミックスを焼き付けた陶材焼付鋳造冠が多く用いられてきました.強固なフレームに焼き付けられたセラミックスは金属により補強され脆さを補うことができ,適合精度は金属の鋳造加工の精度のままですので,まさにベストマッチ!といったところでしょうか.拍手
ところが,歯を作る上で金属を使用してしまうと光を通さないために天然歯とは質感にズレが生じてしまいます.表面的な歯の色調を合わせても,どこかなんとなく陰を引きずった感じに見えます.特徴的なのは,歯茎が黒ずんで見えます.
ということは,白くて光を通す金属があればいいじゃない!
そこで,登場したのがジルコニアというセラミックスです.強度は金属に匹敵する上にちゃんと光を通すわけですので,まさに待ち望んでいたものです.ジルコニアは人工ダイヤモンドや,人工関節,スペースシャトルの耐熱性外壁などに使用されている材料です.身近なものでは,セラミック包丁やはさみでしょうか・・・.
ジルコニアはまさに歯科にとって待ち望んだ材料だといえます.
では,なぜこんなにいいものが最近まで登場できなかったのかというと,精密な加工が極めて困難だったからです.工業的に寸法が決まっている形態への加工は問題ないのですが,歯科医師がフリーハンドで削った歯にピッタリと適合させることが困難だった理由です.
困難を極める適合精度を解決に導いたのはCAD/CAMです.コンピュータを駆使して形態を取り込みジルコニアのブロックを機械加工で削り出す方法ですばらしい適合精度を確保することができるようになりました.拍手グッドグッドグッド
いまのところ無敵!な材料ですね.
ジルコニアを用いたオールセラミッククラウンもいろんなシステムがあります.
わたくしのお薦めは,LAVA(3M ESPE)です.
これは,ダントツですね!
何がいいかというと,適合精度です.他のシステムと比較すると明らかです.
さらに,フレームの着色法と光透過性,長期経過後の強度など,必要な条件を高いレベルで越えているシステムは,これしかないといった感じです.

このようにジルコニアブロックからクラウンフレームを削り出します.

できあがったオールセラミッククラウンの内側から光を当てるとこのようになります.
天然歯と同じように歯の中に光が通ります.
I LOVE LAVA!
という感じですね!
では,治療例を紹介します.
術前.金属フレームを用いたセラミックスの歯が入っています.右側の中切歯は歯根の表面が割れてしまっていたので,抜歯しなければいけませんでした.
歯茎の高さもそろっていません.

歯茎の高さをそろえるための処置(企業秘密!)と,根管治療と,グラスファイバーを用いた支台築造(土台づくりのこと)をして,印象採得(型どりのこと)直前の状態.

これが,LAVAジルコニアオールセラミッククラウン!
技工担当 宮島 誠 先生(ラボミヤジマ)です.
直接口腔内で色あわせや,形態の打ち合わせを行って製作しました.

治療後の写真.

患者様はとっても満足していらっしゃいました.グッド
幸せそうな笑顔が印象的でした.拍手
CAD/CAMやジルコニアの開発をしてくれたメーカーと,実際の技工物を製作してくれた技工士さんのおかげで,こんな治療が可能な時代になりました.
それを扱う我々歯科医師がもっと有効活用できるように勉強とトレーニングを怠ってはいけませんね!
菅原佳広

月潟歯科クリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA