こだわりのオールセラミッククラウン

こだわりのオールセラミッククラウン症例を紹介します.
といってもわたくしが勝手にこだわったのではなく,もっともこだわったのは患者様です!
この患者様は,県外から冬の湯沢高原を越えて来院してくださったわたくしの親友です.
職業は歯科医師・・・.
しかも・・・,口腔内でもっとも小さい下顎の中切歯・・・.1本・・・.
今までの歯科医師人生の中で最も難しく・・・,最もやり甲斐と達成感を感じた症例です.
右側下顎中切歯が内側に位置して神経をとってあったため少し黒ずんでいました.
普段,会話をしていても第3者は気にならないと思います.
しかし,患者様本人はとても気になっていたそうです.
術前
特別な患者様であっても,普段通りに・・・.マイクロスコープを使って丁寧に、丁寧に・・・.
差別することなく,丁寧に,丁寧に・・・.普段の診療と全く変わることなく・・・.
オールセラミッククラウンといってもいろんなシステムがあります.みんな同じじゃありません!
ここに関してはわたくしの専門分野ですので・・・,
最もこの歯に適したe.Maxシステムを選択しました.
この辺を詳しく書いてもうんちくが長くなるのでこの辺で・・・.
仕上がりの状態がこちら.
術後の写真
写真をクリックすると拡大表示できます!
この治療に関係したすべての人が,納得?満足?? いや,感動!
わたくしは感動しました!
強いこだわりを持ってわたくしに治療を任せてくれて,遠方から来院して頂きました患者であり親友がいてくれて,わたくしの期待を遙かに上回る最高のクラウンを製作してくださった技工士さんがいてくれて,いつもアシストしてくれるスタッフさんがいてくれる・・・.
自分の職業に自分なりにではありますが,誇りを持つ事ができました.
誰かを幸せするために一生懸命になることって,とっても幸せですよね!
菅原佳広

http://tsukigata-shika-clinic.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA