歯がしみる

寒い日が続きますね。寒くなると、知覚過敏で来院する方が増えます。虫歯でもないのに、冷たい(温かい)物、酸味の強い物を飲食したり、歯磨きをしたとき、歯に風が当たったりしたときなど、一時的に歯がしみることがあります。何らかの原因によってエナメル質(セメント質)が傷つき削れ、象牙質が露出し、露出した象牙質が冷たい物や歯ブラシ、風などによって刺激を受ければ象牙細管を通じて歯髄神経から脳に伝わり、キーン!といった歯がしみる症状が出ます。これを知覚過敏といいます。もちろんエナメル質が削れ、象牙質が露出したからといって常に知覚過敏の症状が出るわけではありません。象牙質が露出している状態でも、激しい痛みを感じるときもあれば、まったく歯がしみないこともあるのです。
 知覚過敏だと思っても、実は虫歯だった、歯周病だったということもあるため、歯がしみたら1日も早く歯科医の診察を受ける事をお勧めします。
  
http://tsukigata-shika-clinic.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA