根分岐部病変

今日は、根分岐部病変のトンネル形成の手術をしました。根分岐部病変(こんぶんきぶびょうへん)とは、歯根が複数ある歯の根の分かれ目(分岐部)を埋めていた歯槽骨が歯周病などが原因で溶けてしまい、周囲に炎症が生じた状態です。                    
 初期には症状がありませんが、歯槽骨が失われた分岐部に磨き残しがあると、細菌の侵襲を受けて炎症が生じます。腫脹、出血、疼痛、排膿、咬めないなどの機能障害が起こります。                  
 根分岐部病変の治療法は、スケーリング・ルートプレーニング、分岐部入り口の整形によって磨きやすい形態を作る手術、トンネルを形成する手術、根と根の間を分割する手術などがあります。また再生療法として薄い皮膜を用いて歯槽骨の再生を誘導する組織再生誘導法(GTR法)があります。  
 治療後は、再発防止にために注意深い経過観察とメインテナンスが重要です。
http://tsukigata-shika-clinic.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA