特殊外来

顎の関節外来

顎関節症ってご存じですか?最近ではテレビなどでも取り上げられていますので名前くらいはご存じかと思います。顎の関節が「コキッ!」という音がしたり、口が開かなくなったり、痛くなったりする疾患です。実際に経験した方はすごく不安に感じたのではないでしょうか?歴史的に見ると顎の関節を手術したり、かみ合わせを修正するためにほとんどの歯を削ってかぶせたり、マウスピースを使い続けたりといった治療がされてきました。しかし、最近になって、生活習慣の改善や顎の運動療法により簡単に短期間で、副作用なしに治療できることが、世界の学会で証明されつつあります。当院では日本歯科大学新潟病院あごの関節外来で治療と研究を行っている担当医が最先端の治療法で治療します。

スポーツ歯科外来

ボクシング、空手、ラグビー、アメリカンフットボール、バスケットボール、サッカーなどの格闘技や接触の多いスポーツをはじめ様々な競技に使用するマウスガードを製作します。マウスガードを使用することによって1)歯の破折・脱臼、2)口唇・舌・頬粘膜の損傷、3)顎骨の骨折、4)顎関節の損傷、5)脳震盪などを防ぐ効果があります。競技によっては装着が義務づけられているものもあります。また格闘技や接触の多いスポーツ以外でも装着することをお勧めします。